SSブログ
前の10件 | -

うれしい!! [ぺんつくタイ]

ぺんつくタブのオーダーをいただきました!
本当にうれしいです!!

そして、(きちんと届けなければ!)と緊張します。
創業したとすると、売れる喜びも、売れないつらさも、
喜んでもらえる感動も、相手にしてもらえない落胆も、
趣味程度にやっているときに比べたら、もっともっと大きくなるのでしょうね。
想像すると、鳥肌が立つような感覚です。

ぺんつくが、求めてくださった方のお役に立ちますように。

nice!(0)  コメント(0) 

ジョリーフォニックスのあと。

「ジョリーフォニックス2が終わったらどうしよう?」
ジョリーフォニックスをやっていたら日本の出版社の出しているものだと、何かが違うような気がしたんですよね。ジョリーフォニックスのシリーズでは、そのあとはジョリーグラマーに進むようです。が、日本語版が出ていません。内容も難しそう…。
アマゾンでいろいろ見ていて目にとまったのが、「BRAIN QUEST」。日本人によるコメントもつけられていて、問題文も簡単そう。園児向けの「K」を買ってみました。
答えが付いていないそうです。「園児向けだから、何とかなるだろう」と楽観して買ってみました。

ところが、問題の内容が分かっても、答えが明確に分からないところがあります…。
ネイティブとは風習も違うし、蓄積された情報量も違う。

ワークブックをぺらぺらとめくってみると、その中に「同じ韻を踏む絵を線で結びなさい」というものがありました。
帽子(hat)とバット(bat)
ベル(bell)と貝(shell)
など。
そして、最後に二つの絵が残りました。

「緑色のレモン」と「コイン」です。

ブレインクエスト_フォニックス.jpg

『ン』が一緒? それ、韻を踏むって言う?
なんかスッキリしないけど、解答も付いてないし私の中ではそういうことにしました。

でも、やっぱりスッキリしない。
夫に聞いてみたら判明しました!

「ライム」と「ダイム」!
「lime」と「dime」!

ライムなんて馴染みがないから思いつかないし、ダイムに至ってはブレインクエストワークブックで初めて知りました。解けるはずがありません。

と、いうことで、次は答え付きのワークブックを探して使いたいと思います。半年先の予定ですが。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

創業支援セミナー [創業]

ぺんつくは「棒状文具を磁性体にくっつけて保管する道具」として特許をとりました。
そして権利を維持するための年金を毎年払っています。(せっかく特許をとったんだから活用したい)と思いつつ、ずっと子供ファーストの生活をしてきました。”子供のため”というより、”子供がいるとキツイ…”と言うほうがしっくりきます。

が、この夏、広報と一緒に「創業支援セミナー」のチラシが郵便受けに入っていました。(今動かないと、もう動く機会がないかも。)という思いで申し込み、10月に2回セミナーに参加しました(全5回)。
一回3時間なのですが、内容が盛りだくさんで面白い! あっという間に終わります。
その中で紹介してもらった一つが、jSTAT MAP。商圏分析ができるらしいのですが、30分くらい操作してみたのですがうまく使えませんでした。
また挑戦しよう。

タグ:創業 jSTAT MAP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小3漢字プリント12 [漢字プリント]

学校の授業が始まって2週間くらいたちました。この地域ではまだ1日3時間の短縮授業です。
それでも学校が始まるとあわただしい。授業が短縮されている間にフォニックスをできるだけ進めておこうとがんばっています。

漢字プリント12です。
3年生漢字プリント_12.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

小3漢字プリント11 [漢字プリント]

ジョリーフォニックスのテキストの中には私の知らない単語もちょこちょこでてきます。

レッスンでは一日に一音を学習するのですが、そのなかに『単語の発音を聞いてその日に学習する音が含まれるかどうかを答える』問題があり、ヒントとして絵が描いてあります。

おそらく「ie」の発音のレッスンだったと思いますが、鳥の絵がかいてありました。その鳥の絵は「magpie」。なんだそれは? 初めて聞きます。

紙の辞書をめくったかスマホでググったか忘れましたが調べると「カササギ」だそうです。
私は佐賀に行って初めてカササギを見たとき、「なんだ!?あの腹の白いカラスみたいな鳥は!?」と驚きました。

(そんな身近ではない鳥をテキストに載せる?)
と疑問に思ったのですが、カササギってイギリスを含むヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島にかけて生息していたんですね…。ジョリーフォニックスはイギリスで開発された学習法なので、イギリスでは珍しくない鳥なのかもしれません。「井の中の蛙大海を知らず」です。

そんな感じで知らない単語が出てくるし発音の確認も必要なため、小中学生向けの電子辞書を買うことにしました。そこで電気屋さんへ行ったのですが、3機種のうち2つは『売り切れ、入荷待ち。』でした。
こんな時だし、みんな家庭での学習方法を模索しているのかな。

小3漢字プリント11です。
3年生漢字プリント_11.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

小3漢字プリント10 [漢字プリント]

フォニックスの学習、42の音全部に取り組みました。ローマ字の宿題の前に一通りこなしただけなのでもちろん定着していませんし、まだまだたくさんのレッスンに取り組まないといけないようです。「はじめてのジョリーフォニックス」のテキストの終わりが見えてきたので、「はじめてのジョリーフォニックス2」を買いました。スチューデントブックの価格は1冊目の約2倍だったのですが、届いたブックの厚みも2倍でした!

なんか、気が遠くなります…。

小3漢字プリント10です。
3年生漢字プリント_10.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

小3漢字プリント9 [漢字プリント]

臨時休校は5月の連休あたりまでの予定だったのですが、緊急事態宣言が延長されたことで休校も5月31日までに延長されました。そして、学校の先生が子供の宿題を持ってきてくださいました。

三年生の宿題は、自分で学習できるであろうもので構成されている感じです。
新しい漢字の書き取りや、3桁4桁の筆算がメインです。
その中に、「ローマ字」がありました。

『来たか!!!(。-`ω´-)』
私が習ったのは、4年か5年生だったぞ!
しかも、未だに英語を始める前にローマ字やってるのか!
いや、「授業できないから、家で出来ることは家でやろう」という方針なのか?

私は小学校でローマ字を習い、「らくらく~」[るんるん]なんて余裕こいてました。

が、中学生になり英語が始まると、ローマ字で学習した発音があだとなり英語の発音が全く入ってきませんでした。どうしてもローマ字の感覚で読もうとしてしまうのです。他の人たちは、そうではないのでしょうか?
本当に苦労して苦労して、読み方を暗記するしかありませんでした。
そんな嫌な記憶から、子供にはローマ字を学ぶ前にフォニックスをやってほしいと思いました。

2年前に子供が「英語をやりたいい」と言い出しました。本人にやる気があるなら、是非そのタイミングでやらせたいです。といっても、英会話教室に通わせようなどとは全く考えません。代わりに本屋で良さそうな教材を探しました。

アルファベットの練習ができるドリルがありました。AからZまで書き終わると、たいていのドリルがローマ字の練習に入ります。私には解せません。指導要領かなにかで、学習する順番が決まっているのでしょうか?
何冊かペラペラめくっていくと、アルファベットの次がフォニックスになっているドリルをみつけました。ドラえもんが描かれた小学館が出版しているものです。フォニックスがローマ字より優先されていると思われるのは、その本屋さんではこの1冊だけでした。もちろん購入しました。

ただ、残念なことに、フォニックスが身につかないうちに、あっという間にドリルが終わっちゃったんですよね…。教室に通わせる余裕はないため、やはり教材を探しました。次はネットで。
行きついたのがジョリーフォニックス。こちらは本格的。私も一緒にフォニックスを勉強しています。本当はネイティブとか英語教育に長年携わった人が教えるのが良いのでしょうが、ティーチャーズブックを読んで自分も学びながら子供に教えています。
そして、中身は濃いのだけど、そのぶん勉強もきつい。去年の年末から始めたのですが、時間が取れなかったりすると真っ先にカットされるのがフォニックス。学校の勉強ではなく、私が勝手にやらせてるものだから。
ということで、42音あるうちの約半分くらい終わったところで学習が止まっていました。

(ローマ字が始まる前にやればいいやー)
と考えていたら、いきなりローマ字の宿題が来ました!!
今、慌てて残りのフォニックスの学習をしています。本当は1日に1音だけ学習するのですが、ローマ字の宿題に取り組む前にフォニックスを終わらせようと思ったら、1日に2音しなければいけません。下の子も英語をやりたがっているので、そちらもフォニックスをはじめました。合計1日3音です。正直、キツイ…。

「国語の宿題でしょ!ローマ字は英語ではない!日本語だよ!!」
としつこくしつこく 言い聞かせねば。

小3漢字プリント9です。
3年生漢字プリント_9.jpg







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

小3漢字プリント8 [漢字プリント]

学校から子供たちに出された宿題のひとつに、なわとびがあります。
クリアできた種目と回数のマス目を色で塗り、ビンゴを目指すなわとびカードが渡されました。

小1になった下の子は、つい一か月前は普通の前とびが2回しかとべませんでした。
それが、何度か練習するうちに40回とべるようになりました。

しかし、カードをビンゴさせるためには前とびだけでは無理です。
・前とび〇回
・後ろとび〇回
・かけあしとび〇回
・あやとび〇回
・にじゅうとび〇回
カードのマスには、回数違いでいろいろなとび方が配置されています。

ビンゴを完成させたい子供は、かけあしとびに挑戦しました。
縄を回しとぶタイミングで、タン、タン、タン、タン…と左右の足を交互に上げればいいだけなのですが、初めてのことはやはり難しいようです。リズムがうまくとれずに、タタン、タタン、と左右の足を地面につけます。当然、とべません。

しばらく、練習すると足を動かすリズムがわかったようです。タン、タン、と足を動かし始めました。何度も練習し、かけあしとびが4回とべるようになりました!
「すごい! やったー!」
と、子供と一緒に喜びました[グッド(上向き矢印)]

ただし、かけあしとびをとんでいる姿は「老人型ロボットわしも」のようでした…。

小3漢字プリント8です。
3年生漢字プリント_8.jpg


⑤「ちょうしょ と たんしょ」ですが、小3の子は「調書 と 短所」と書きました。

たしかに「調書」は「ちょうしょ」です。この文から「長所」を引き出すのは難しいのでしょうか。
いや、それよりどこで「調書」って単語を覚えたのだろう???

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

小3漢字プリント7 [漢字プリント]

小3漢字プリント7です。
3年生漢字プリント_7.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

小3漢字プリント6 [漢字プリント]

今日は子供と将棋をやってみました。まともに取り組むのは、私も初めてです。
くもんの将棋なので駒の動かし方が一目でわかります。

一通り対局した後に付属のルールブックを見ると、「歩を縦の列に重ねておいてはいけない」と書いてありました。
二歩!! それは聞いたことがある!
二歩しまくりの対局でした…。

小3漢字プリント6です。
3年生漢字プリント_6.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -